あったらいいなぁ・・・と思う事。
ある日突然、有名な俳優に結婚報道!
イケメン独身の男性がどんどん減りつつある今日この頃、
あとは竹野内豊と佐々木蔵之介か?なんて注目されていたのですが、
なんとついに佐々木蔵之介に結婚報道!
そのお相手が私だった!(爆)
なーんてあったらいいなぁ!

外に出たら芸能記者が家の前にぎっちり。
結婚の準備をしたくても、いつもパパラッチがついてくる。
もちろん蔵之介に会いに行くのもなかなか思うようにならない。

生活が制限されるストレスと同時に、
汚い恰好で出歩けないよなーという緊張感。
やっすいお店にも入りにくいし、コンビニでお弁当も買えない!

あったらいいなぁ。
でもなくてもいいや!(笑)なんだか大変そうだから!

お金というものが無い世界になればいいなと思います。お金が無いと生活できないライフスタイルだから、日本人は休み無くストレスを溜めながら満員電車にゆられて仕事をしています・・。
もう十分すぎるほど物にあふれているのに、物欲にまみれ、服やアクセサリーを買い、車を何台も所有する、十分栄養が取れているのにおなか一杯になるまで食事をする、養殖しないと間に合わないほどに生き物を食べつくす。
ゴミがどんどん増える。自然が汚れていく。なんだか無駄が多いなぁと感じます。お金が紙切れ以下の価値になってしまえば、必要最低限の水を自分で汲みに行ったり、その日取れた分だけの魚やお肉を採って来て必要な分だけ頂く。ゴミなんて出すのがもったいないから食べられる部分はきちんと食べるとかするのではないかなぁと感じます。食べることのありがたみを感じられる気がするし、その日生きることが精一杯で、仕事の人間関係が・・とかのくだらないストレスなんて感じる暇も無く本来の人間らしい生活が送れるんじゃないかなと思いました。

朝起きて何気なく家のポストを開けると何やら可愛い小包が…。
何だろうと思って開けてみると、そこにはなんと現金で500万円以上が入っているではありませんか!驚きながらもよくよくその小包の中を探してみると、昔助けた亀?の写真が…。
「あの時助けていただいた亀からのお礼です」と書かれたメッセージカードが添えられている。人助け?亀助けをしておいてよかったねーなんて家族と話していると、翌日もなにやらポストに小包が…。
今度は私が前々から欲しがっていたPS4の本体とファイナルファンタジー15のソフトが!そんな非日常的なサプライズが起こらないかなぁ~♪

私は19歳である。最近の悩みは、あたたかい食事にありつけていない事。
実家暮らしでいつも母が料理を作ってくれているが、絶望的に料理が下手だ。故、母の料理には口をつけない。家を出るのも億劫だ。
なんとか家を出ずにあたたかい食事にありつけないものかと思う。
急にかわいいメイドが目の前に現れて南蛮そばを作ってくれないものだろうか?
ついでに大きなふかふかのベッドを用意してそのメイドと一緒に夜を共に過ごしたいものである。またまたついでに割りのいいバイトを紹介してくれないかなぁ。
最後には、そのメイドと東京で同棲生活したい。

時間を12年ぐらい戻してしまいたいなぁ。そしたら、そのとき遠距離恋愛をしていた彼にヒドイことはしないで、ちゃんと付き合い続けて、彼と結婚していたのかなーって思う。というか、それを望む。
というか、そっちが今より幸せなのかはわからないから、とりあえずお試しをさせていただきたいなぁ。そのとき、大学の進学先のある県で、好意をもっていた男性は大した男ではなかったので、もどれるのなら、その人に費やした無駄な時間を、ちゃんと交際していた彼に注ぎ直したいなぁ。
なんてことは、絶対に今の主人には言えないことだけど。。。